初めまして、岐阜県多治見市にある「ゲストハウス北政」でございます。

私どもはこの地で長年「北政」という屋号で事業を営んでまいりましたが、このたび、代々受け継いできた築150年以上の古民家を利用して、ゲストハウスとして新たな歩みを始めることにいたしました。

四季折々の日本の行事や伝統を大切に守りながら暮らしてまいりましたが、時折海外から訪れる友人達が、そんな普通の暮らしを新鮮に感じてくださる様子がとても嬉しく、こうした暮らしの良さをもっと多くの皆さまに知っていただきたいという思いで、自宅を一部をゲストハウスとして活用することになった次第です。

東濃地方(美濃地方の東側)と呼ばれるこのエリアは、600年以上の伝統を誇る志野焼・織部焼の日本有数の陶器生産地で、多くの窯元があり、この地を拠点に活動している優れた陶芸家もたくさんおります。近隣には陶芸に関する美術館などの文化施設も多数あり、陶器がお好きな方には魅力的な滞在となることでしょう。

また、東海地方には豊富な観光資源があり、中山道の宿場町・馬籠、江戸時代の宿場町風情が漂う妻籠(車で約1時間)、郡上八幡(車で約1時間)、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に認定された白川郷(車で約2時間)など、各地への観光旅行の拠点としても最適です。

多治見を訪れる皆さまに愛されるゲストハウスになれることを願っております。どうぞ、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

2018年4月

ゲストハウス北政 加藤万里子